製品安全デザイン,取扱説明書デザイン,webデザイン,ブランディング,ブランド戦略:株式会社コシダアート,大阪のデザイン会社

 
ホーム > 製品安全デザイン > 総合的な製品安全デザイン支援サービス

製品安全デザイン支援サービス

製品開発会議に弊社デザイナーが参加し、製品安全を取り入れイノベーティブなデザイン開発環境を支援します。

■事業者が開催するデザイン会議や製品開発プロジェクトに弊社デザイナーが参加し、第三者の立場で製品の開発段階から販売までにおける安全対策や、製品の使用者への配慮点など様々な助言を行います。

■【使用者視点】を取り入れたPDCAサイクルの運用により、課題発見と対策案の抽出・実施を行うことで製品・サービスの品質が向上します。

■事業者の目的にあわせたデザイン会議や製品開発プロジェクトの実施プランをご提案し、会議運営を支援いたします。

■主な支援内容
1. 社員研修セミナー/年間
2. 総合的な製品安全対策〈製品安全デザイン会議の設置と参加〉
3. 製品安全への取り組み内容を文章化して共有化
4. 製品開発業務プロセスの見える化
5. 各種プロジェクトのマネジメント

お問い合わせ

使用者視点を大切にした製品安全対策は、人・組織が成長し、製品・サービスの付加価値を創造します。

●新製品の要件定義書の作成支援や、試作品・量産品のデザインレビューなどを支援します。

●製品開発プロセスを経て提出される、様々なリスク評価文書を時系列に一元管理し、製品開発プロジェクトにおけるリスクマネジメントを支援します。

●新製品の取扱説明書、本体表示の情報設計、パッケージや販促物の印象設計を含む商品化計画・デザイン制作を支援します。

●製品アフターマーケティングの実施プログラムを構築、製品アフターサービスの運用面を支援します。

●社員研修セミナーを定期的に実施し、社内の製品安全文化の醸成に向けて、社員様の意識変化や環境整備を支援します。

●実践的かつ戦略的な製品安全デザインを、事例をふまえてわかりやすくお届けします。

お問い合わせ

【事例】製造メーカー様が、4つの視点で製品安全への取り組みを行い、その内容をWebサイトに公開しています。

製品安全デザインを取り入れた【製品安全への取り組み】を、下記の4つの視点に分けて実施しています。

●製品の企画・設計・開発について
●製品安全情報の構築・配信について
●クレーム・製品事故の初期対応について
●製品安全教育・周知徹底について

Webサイトでは、取引先企業や使用者などのステークホルダー(利害関係者)に向けて、【製品安全への取り組み】を配信することで、企業ブランドの価値創造に寄与しています。

※対象製品は消費財・各種製品
※対象クライアントはNB製品メーカー・PB製品事業者
※詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

総合的な製品安全デザイン支援サービスの概要

名称:総合的な製品安全デザイン支援サービス
価格:製品特性や企業規模や実施期間によって価格が変動します。お気軽にお問い合わせください。
価格帯:*価格帯は期間や内容などご要望によって相談させていただきます。
実施機関:約3ヶ月〜12ヶ月
*ご要望によって変動可能です。お気軽にお問い合わせください。
*2009年から現在まで〈製品安全対策と付加価値創造〉について、各種新聞社、各種工業会、大阪府、雑誌社、製造メーカー、販売事業者など、様々なセミナーで講師を努め、積極的な啓蒙活動を行っています。





各種デザインの導入・支援サービスに
関するお問い合わせ


詳しい内容のお問い合わせ、
お見積書のご依頼は下記まで
株式会社コシダアート  担当:正木まで
受付窓口:TEL.06-6643-5070
受付時間:平日10時〜18時 


お問い合わせはこちら

製品安全デザイン・サービスメニュー